2022.05.30

AIが機械の故障を「音」で検知 ~実証実験を動画で公開~

株式会社バーナードソフト(本社:北海道札幌市、代表取締役:瓜生 淳史、以下バーナードソフト)は、自社開発製品である、AIで「音」を監視するシステム「エスカレイド」の社内実証実験を行いました。実証実験の動画は、エスカレイド製品ページで公開しています。エスカレイドの検知の仕組みや、音の判定画面、実証実験結果をご覧いただけます。

 

リアルタイム音監視システム「エスカレイド」

エスカレイドは、「音」に着目して工場や設備の異常を検知するAIシステムです。AIが機械の「いつもの音」を学習し、リアルタイムで音の監視を行い、「聞いたことがない音」(=異音)を検知します。機械故障前の異音をとらえるため、予知保全に活用できます。また、無人設備の監視など、保守点検の省力化にも役立っています。
現在大手自動車メーカーの大型プレス機や砕石工場の破砕機、大型の送風機などに活用されています。

 

小型サーキュレーターの異音検知

実証実験では、小型のサーキュレーターを用いました。羽根の摩耗・歪みによって音が変化することに着目し、その変化をエスカレイドで検知できるか検証しました。
サーキュレーターの「いつもの音」を1日程度収音し、その音をAIが学習しました。

集音の様子 集音装置

エスカレイドの画面では、正常音は緑色、異音が短時間続くと黄色、異音が長時間続くと赤色で表示されます。

作成したAIデータでサーキュレーターの音を判定させたところ、通常時の音は緑色(正常)、故障を模して羽根に細工をした際の音は黄色→赤色(異音)と判定しました。このことから、エスカレイドによってサーキュレーターの正常音・故障音(=異音)が判別できることがわかりました。

通常時の判定結果 羽根に細工した際の判定結果

 

導入希望の方へ

お客様環境にて実証実験を行い、成果にご納得いただいてからご購入に進みます。ご興味をお持ちいただけましたら、まずは下記問合せ先にご連絡ください。

 

会社概要

商号   : 株式会社バーナードソフト
代表者  : 代表取締役 瓜生 淳史
所在地  : 〒060-0004
      北海道札幌市中央区北4条西6丁目1番地 毎日札幌会館ビル7階
設立   : 2014年5月
事業内容 : システム開発、サーバ開発、監視製品開発
資本金  : 1,200万円
URL   : https://www.barnardsoft.co.jp/

受賞歴

・2016年 SAPPOROベンチャーグランプリ2016大賞
(リアルタイムネットワーク監視システム「Tegnos」)
・2018年 X-tech Innovation 2017優秀賞受賞
(リアルタイム音監視システム「S-Kaleid」)

本件に関するお問い合わせ

株式会社バーナードソフト
営業部 丹羽
TEL:011-776-6738
お問合せはこちら