2020.09.18

「テグノス」がIT導入補助金2020の対象ツールに採択

株式会社バーナードソフト(本社:北海道札幌市、代表取締役:瓜生 淳史、以下バーナードソフト)は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2020」のIT導入支援事業者に採択されました。また、バーナードソフトが開発したリアルタイムネットワーク監視システム「テグノス」が「IT導入補助金2020」対象ツール(A類型)として認定されましたのでお知らせいたします。

 

◆「テグノス」を導入する場合の補助金概要
・補助金申請額:最大150万円(補助率1/2)
・補助対象費:ソフトウェア費、導入関連費 ※ハードウェア除く
・申請期限:第8期10月2日、第9期11月2日
補助金申請手続きについても弊社がサポートいたします。

 

◆「テグノス」導入メリット
「テグノス」を導入することで、対象システムの状態感知、障害予知、障害の原因究明時間の短縮、システム性能分析、監視における人的コストの削減が見込めます。

 

◆「テグノス」について
「テグノス」はネットワークを流れるデータの常時収集・蓄積・分析を実施し、監視対象のネットワークを「見える化」するシステムです。対象システムの死活監視、遅延監視、Trap監視、Syslog監視、プロトコル監視等、ネットワークシステムの運用・保守に求められる各種オペレーションを提供します。エージェントレス監視のため、現用システムへ影響を与えず簡単に導入することができます。
「テグノス」は大手電力会社や通信事業者へ導入実績があり、高信頼性が要求されるサービスや大規模ネットワークの監視に利用されております。

 

ダッシュボード

ストリームの検索結果

死活監視、遅延監視などがWeb画面から簡単に確認できます。 プロトコルレベルでの解析を実現します。

                                   

◆IT導入補助金とは
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助し、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
https://www.it-hojo.jp/

 

◆会社概要
監視、音、プロトコルのエキスパート集団として、2014年に札幌で設立。技術力を活かした製品開発に加え、AI、ブロックチェーンなどの最新技術を使った研究開発にも取り組んでいます。
https://www.barnardsoft.co.jp/

 

◆受賞歴
2016年 SAPPOROベンチャーグランプリ2016大賞
(リアルタイムネットワーク監視システム「Tegnos」)
2018年 X-teck Innovation 2017優秀賞受賞
(リアルタイム音監視システム「S-Kaleid」)

 

◆製品に関するお問い合わせ
企業名 :株式会社バーナードソフト
担当者名 :営業部 丹羽
TEL :011-776-6738
お問合せはこちら